みるきぃはうす

レトロゲームの話多めです。ダビスタ99の攻略サイトも作ってます。

atomさんのダビスタ97BCに参加して

2022年7月16日、上記タイトルのダビスタ97BC大会に参加しました。

最初、誰かのTwitterから情報が流れてきたのですが、面識のない生主さん及び、得意ではない97のBCってことでとりあえずブックマークだけはしておいて、気が向いたらやってみようかなぐらいの考えでいたんですよね。ところがDMにatomさんから直々のお誘いが来てびっくり。聴けばもともと私のみるきぃ杯を見てたことがあったとのこと。ルールを見るとたしかに私の大会と似た部分が多いですよね。折角のお誘いですし、97であることを除けば私の得意なリセあり生産なのでちょっと頑張ってみようかなと。(*^^)

続きを読む

第13回ランド杯に参加して

2022年6月25日、上記タイトルのダビスタ99BC大会に参加しました。

ほぼ半年ぶりのランド杯ですね。ランドさんがダビスタSwitchの凱旋門をクリアしたらって話だったようですが、一向に終わる気配がないのでまあそれは仕方ないかな? あまり間が空きすぎてもあれですし。

ただ、こちらとしてはちょいタイミングがいまいちでした。発表がランドPOG杯のドラフトの直後だったのですが、私自身この時点でまだ別のPOGの指名馬を検討しており、それが終わったところでそれら参加したPOGの馬をブログに纏める及び、去年参加したPOGの結果を纏める作業があったので2週間は手が離せないかなと。となると1週間ぐらいしか生産時間が無いので発表された時点で目標は決勝まで生き残りたいって感じになってました。

と言っても最近は人数も増えた上、強豪も集まってきたので簡単な話ではないのですがね。(^_^;)

続きを読む

いけぽぐ11thの馬紹介

去年に引き続き、いけぽんさんのPOGにも参加しました。

いけぽぐは指名馬被りなしの大会です。抽選の方式はプロ野球のドラフトとほぼ同じで、1位の重複は抽選で外れたら選び直し、2位以降はウェーバー方式となります。プロ野球と違うのは1位の抽選が外れた時点で新しい指名馬を出すのではなく、単純に提出した指名リストでまだ指名されていない一番上の馬が自動選択されることと、ウェーバーの順番自体がある程度抽選(去年の上位者は優遇)ということでしょうか。

指名馬被りなしというのはランドPOGと同様ですが、全く違うのは参加者の数。あちらは15人程度ですがこちらは50人以上という大所帯。1順目終わった時点で50頭の有力な馬が消えているわけで、指名リストの1番はもちろん、2番目以降にどういう馬を置いているかが鍵となってきます。

去年はまだPOGというものがよくわかってない(今もですが)部分が大きく、50頭を探し出すのも大変だったのですが、今年は去年の失敗から大量の候補を情報を仕入れていたので50頭なんて余裕……と思いきや、多すぎて逆にそのリストを組み上げるのに苦労してしまいました。^^; どうも私は「適当」というのが苦手なようで……。

さて、そんな中獲得できた馬を紹介していきます。

続きを読む

暇POGの指名馬紹介

色んなゲーム大会などでお世話になっている暇人さんがPOG大会を開くというのでこちらにも参加してみました。

ルールは下のリンクの通りです。

文章で簡単にまとめてしまうとポイントは2つ。
 ・指定された10クラブから各1頭指名
 ・指名の被りOK
クラブ馬のみ、しかも1頭ずつなので選択の幅は少々狭いですが、被りOKなのでほしいと思ったのは確実に取れるのが私が他で参加しているPOGと大きく違うところですね。

この記事の前に先にドラフトが終わっていたランドPOGの記事を書いているのですが、こちらでどういう馬を指名していたのか把握した上で見ると面白いかも。

ランドPOG杯2022の指名馬紹介 - みるきぃはうす

では早速馬紹介。

続きを読む

ランドPOG杯2022の指名馬紹介

さて、この大会も参加3回目となりますね。去年は散々な結果で一昨年みたいに適当に選んでも毎回楽しめるわけじゃないよってのをよく知ることとなりました。なので今年は二の舞いにならないよう、自分なりのやり方で頑張って調べてみました。

まあこの辺の話はまた別に書きたいなと思ってますのでここでは馬の紹介だけに留めたいと思います。

ルールはこちら

大事なところなのですが、同位抽選や上位で指名馬を取られてしまった場合、下の順位が繰りあがりになるわけではないということ。例えば1位を抽選で外してしまった場合、2位指名に置いていた馬が1位扱いで自動指名になるわけではなくそこは空白で後日再指名、もし2位で同じ馬を選んだ人がいた場合はそこでまた抽選となります。そこを理解した上で見てもらえると助かります。

続きを読む

いけぽぐ10thの結果報告

ランドPOGに引き続き、いけぽぐ10thの結果も書いていこうと思います。
指名時のコメントはこちらにまとめてあります。

いけぽぐ10thの指名馬紹介 - みるきぃはうす

───────────────────────────

1位:ロムネヤ(牝、リスト1番目)
ディープインパクト×ヤンキーローズ)
ランドPOGの方でルナソルとこの馬で迷って結局前者にしたのですが、その後ネット記事で牝馬横綱と書かれていたので逃した魚を追いかけて1位指名。9月の新馬戦こそ鼻を切って逃げ切る競馬をしてくれたものの、重賞戦線で戦えるだけの力はなかったようで2度のG3では掲示板に乗ることが出来ず、1勝クラスでも5着が限界という期待の割にはちょっと寂しい結果で終了しました。牝馬なんでそこまで大きくなくてもいいけど流石に410kg台はちょっと軽すぎたかなあ? この子、4戦全部1600mだったんだけど、体重のことを考えるともっと距離があったほうがいい気がするのですが気性とかの問題もあるのかな? 牝馬の国枝がその辺の選択間違えるとは思えないんですけどね……。素質はあると思うのでまた再調整して上のクラスに挑戦して欲しいです。

2位:ドーブネ(牡、リスト4番目)
ディープインパクト×プレミアステップス)
ウマ娘の関係で知った藤田晋氏の馬で、セリで5億の値段がついた馬。同氏が馬主デビューしたばっかりだったので金持ちの道楽みたいな感じに取られてた気がしますが、そもそも競争相手がいなければセリ値があそこまで上がらないので、他にもこれぐらい出してもいいと思う馬主がいたと思うと悪い馬じゃないんだろうなと思ってネタも少し兼ねて上位指名してたのですが、泥舟やらどぶねずみやらさんざん言われつつも今年の全指名馬の中で唯一のG1出走など健闘、最終的には勝ち頭となってくれました。元のセリ値を考えると物足りない気もしますが競馬の世界はこんなもんだと思うので。(^.^; これからも追いかけていきたい馬ですね。

3位:ヴァラダムドラー(牝、リスト5番目)
ジャスタウェイ×バラダセール)
サトノフラッグ、サトノレイナス妹ってことと、牝馬なのに548kgという規格外のサイズを怖いもの見たさで選んでみたのですが、重すぎるのはダメってのを知るだけの結果となりました。芝・ダート、距離も1800-2400といろいろ替えながら合計7戦と走ってくれたものの新馬戦の4着が最高で結局未勝利を抜けれませんでしたね。まあ、いい勉強だってことで。

4位:コルドンルージュ(牝、リスト7番目)
American Pharoah×シャンパンルーム)
動画カタログの「世界を目指す」という言葉に惚れ込んで選んだ馬ですがデビューがちょっと遅すぎましたか。とはいえ3月にダートの未勝利戦で2着になったあと、5月のレースでは外枠から鼻を切り直線で一気の突き放し。最後は流し余裕の勝利と今後を期待させる内容を見せてくれました。POGという面では残念な結果で終わりましたが、ドーブネとともに今後も追いかけたいですね。

5位:ジャスティンスカイ(牡、リスト17番目)
キタサンブラック×リアリサトリス)
この子は結構頑張ってくれたほうかな? 8月の新馬戦で2着に入り、1ヶ月後の未勝利戦で勝ち上がり。そこからはちょっと間が空きましたが5ヶ月後のフリージア賞も勝利し、青葉賞をクリアすればダービー出走もあるところまできたのですが残念ながらここで11着と惨敗し夢破れてしまいました。でもこの子のお陰で最後の方まで上位進出の夢を見れたのはありがたかったですね。2400mが長すぎたのかどうかはわかりませんが、今後どういう方向性で育てていくのかな?

6位:ヴィアルネッサンス(牝、リスト18番目)
ハーツクライ×ヴィアメディチ
一昨年、アドマイヤマーズの妹ってことでランドPOGで指名した姉に引き続き縁あってまた指名となったのですが、11月の新馬戦こそ3着だったものの4ヶ月後の未勝利戦は15着と惨敗、そのままPOGシーズンを終えてしまいました。どうもこの一族とは私は相性が悪いのでしょうか。今年はヴィアメディチの子はいないみたいなのでもう指名のしようはないですが……。来年縁があったら。^^;

7位:ジェイケイボス(牡、リスト30番目)
アメリカンペイトリオット×アルトゥーナ)
調教データのサイトで早いタイムを出してたのを見たのですぐ楽しめる用に指名した子で、その期待通り抽選会の前にすでに出走、その2週間後には早速2戦目で3着に入るもそこからは全く音沙汰がなくなってしまいました。もう見捨てられたのかと思いましたが、今年3月になって急に復活。そこから2戦戦ってくれました。結果は伴わず結局未勝利のままですが、このブログを書いてる6/4にまた出走、勝ち上がりを目指してまだ頑張ってくれるようです。

8位:レッドミラージュ(牝、リスト32番目)
キングカメハメハ×ラキシス
G1馬ラキシスの子供ということで期待も、4戦して2着が最高という結果に終わりました。最後のレースが5/22なので勝ち上がりを賭けてまだ出走してくるとは思いますが、なんとか未勝利を勝ち上がってほしいところ。

───────────────────────────

という訳で結果なのですが、ジャンピングチャンスの入れ替えを行わなかった+4000ptを含めての10635pt。28位/57人と見事な真ん中な結果で終了いたしました。

初参加だったいけぽぐですがなかなか厳しかったですね。狙った馬が指名しにくいのでなるべくどの馬が当っても愛着が持てるようにといろいろ調べて指名リスト50頭提出したのですが、上位に行きたいのであれば愛着だけでなくある程度勝ちが見込めるのを揃えないとだめですな。

あと、各馬愛着持ってるので敢えて指名馬入れ替えのジャンピングチャンスは使用しませんでしたが、どう考えてももうデビューしそうにない、愛着だけじゃどうにもなりそうにない子がいたのなら今年は入れ替えの権利も考えようかなと思います。

いけさん1年運営お疲れ様でした。<(_ _)>